健康と言えば運動や食事などの方法としてイメージが大きいですがお酒も健康の一つに入るのですよね。
お酒でも適量なら健康の秘訣にもなるのですが大抵の人は呑む量が多いので飲み過ぎに至る事が多々あるのではないでしょうか。
健康の秘訣となるお酒の量は日本酒なら2合、瓶ビール3本、ウィスキーや焼酎グラス3杯が適量で健康の元になるそうです。
アルコールで体を暖めるのには丁度いい量となる上に毎日適量に呑むのが体にも良いからでしょう。
お酒は健康に良いからと言って先程述べた量より
多く呑んでいるのでは逆に肝臓や心臓などの内蔵機能を傷めてしまい体に悪影響を及ぼす事になるのでは逆効果になります。
急性アルコール中毒になってしまう程お酒やビールなどを沢山呑んでしまうのでは良くないですよ。
どうせ呑むのなら楽しく体に負担掛からない適量で済ましたいものですが付き合いで呑んでしまう事も多少あるでしょう。
そんな時はほどほどの量で呑む事をお勧めします。
付き合いで呑む前に牛乳をコップ1杯飲んで胃の中に粘膜を覆う事で
胃の負担を軽くするので二日酔いなどを防ぐので試してみてはいかがでしょうか。
お酒は健康の秘訣の一つになるのですから逆効果にするのでなく
自分の体を労る事を忘れずに美味しいお酒を呑んで下さいね。
【オススメ】
ウォーターサーバー

・外出する際は眼鏡やゴーグル、マスクを忘れずに
花粉が目の表面につくことによって、かゆみや充血などといった花粉症の症状がでます。
それを防ぐためにも眼鏡やゴーグルは必須です。
特にゴーグルは効果的だと言われています。
鼻からも花粉は入ってくるので使い捨てのマスクを使用することも心がけるといいですね。
・コンタクトレンズの使用は出来るだけ避ける
コンタクトレンズをしていることで花粉が付着してしまいます。
そのコンタクトレンズをずっと着用していると目の粘膜を傷つけてしまう恐れもあるので出来るだけ避けましょう。
どうしても使用する場合は使い捨てのソフトコンタクトレンズなどがいいでしょう。
心配な場合は眼科で相談してみるのもいいですね。
・目だけではなく顔もしっかり洗う
目だけ洗って満足してはいけません。
顔もちゃんと洗うようにし、目の周りは特に念入りに洗いましょう。
目を洗う際に使用する人工涙液は、防腐剤入りの物は目に良くないので、しっかりと確かめ上で使用しましょう。
鼻の中も市販の鼻洗浄液で洗うようにしましょう。
・お掃除はこまめに
花粉が飛ぶ時期はお部屋に花粉を持ち込まないように窓やドアをきちんと閉め、花粉を侵入させないようにすることや、洗濯物などは室内に干すなど外からの花粉を部屋に侵入させないようにすることが大事です。
服などはすぐに洗濯し、すぐに洗えないようなものは少し湿らせたタオルなどでふき取るようにしましょう。